CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
企業の健康と成長を支援する
女性コンサルタントのブログです!!
<< ツバメの季節 | main | ファミリーの成長とコミュニケに! >>
イチロー選手4,000安打に見る事実承認
0
    平成25年8月23日
    今、一番勇気を与えてくれるのが、
    イチロー選手の日米合算4,000安打達成ニュースではないでしょうか。

    プロとは、只ひたすらにその道を追求する人。
    その定義からすると、

    イチロー選手は正にプロ中のプロと呼べる人です。

     
    (ニッカンスポーツより)

    4,000安打の偉業は言うに及ばす、
    人々に勇気を与えたのは彼のコメントです。

    「4,000本を打つのに8,000回以上、
     悔しい思いをしてきた。
     そこに自分なりに向き合ってこれた。
     誇れるとしたらそこじゃないですかね」
    …………………………………………………………………………

    コーチングの承認スキルに「結果承認」と「事実承認」とがあります。


    ・結果承認は、作り出した成果や結果を承認すること(ほめること)
    ・事実承認は、その過程やプロセスを指摘すること

    研修のトレーニングでもその声は多いですが、

    人は作り出した成果、結果をほめてもらう「結果承認」だけでなく
    その過程、プロセスといった事実を認めてもらう「事実承認」でも
    十分に喜びや達成感を味わえると言います。

    …………………………………………………………………………

    イチロー選手のコメントは、自分で自分を承認した内容で、
    そこに「事実承認」がある!と思いました。

    ここまでに致る過程に真摯に向き合い続けて自分へのエール。

    だからこそ、私たちは多いに共感ができ、
    勇気づけられるのだと思います。

    「そうだよな、イチローもそうなんだよな…」
     
        自分はまだ足りないよな…○○が…」ってな感じで。
     
     
     


    結果は、もちろん大事です。
    特にプロの世界は、結果が出ているからこそ、その過程にも光が
    あたるのであり、それは否めません。


    しかし、つい結果ばかりに目が向き、
    過程・プロセスを軽んじ、大事なことをおろそかにしがちだからこそ
    結果が出ないのだ!ということはどの世界にもあります。

















     


    | - | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事









    http://jyokon.jugem.jp/trackback/48