CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
企業の健康と成長を支援する
女性コンサルタントのブログです!!
<< 仕事の話ばかりが続くのも何なので…。 | main | 教育は三育で! >>
名前を呼ぶことの大切さ!
0
     お手製シールが窓ガラスいっぱいに貼られ、
    太陽の光を受けて、見ているだけで楽しくなる光景です。



    ひ〜ちゃん(2歳)の作品です(゜-゜)



    シールは、大人がつくりますが、貼るのは彼女(ひ〜ちゃん)です。

    驚くことにそれぞれのキャラクターや動物の名前を全部言います。
    スポンジが水をぎゅ〜んと吸い込むようにどんどん入っていくのでしょう

    (その柔らかさ、羨ましい

    たまに会う私のことも「よこちゃ〜ん」とか「ようこ〜」と
    呼んでくれます。
    そんな時、素直にとても嬉しく思います。

    コーチングのスキルの一つに「アクノレッジメント(承認)」があります。
    相手のモチベーションに機能するスキルです。

    ただ単に「褒める」ことだけではなく、もっと広い意味で
    相手の存在を大事にしたり、
    チームの一員として認める全ての行為や言葉のことを言います。

    例えば、相手の「名前を呼ぶ」ことも重要な承認の一つです。

    「おはよう」ではなく「○○さん、おはよう」と言う。
    ちょっとした違いですが、
    その人の存在を認め、その人へ伝えようとするメッセージ性も出ます。

    人は他人の言動や反応から、自分の存在を確認します。
    ですから、マザーテレサが言ったように、
    人が最もしてはいけないことは「無視」です


    声をかける時に、
    何かを依頼する時に、

    「おい」とか「ちょっと」とか「すみませんが…」だけではなく、
    上司や同僚、先輩、後輩、お客様や家族でも
    その人唯一の名前を呼んでから話し始めることは
    とても重要な承認だと思います。

    名前が飛び交う職場は活気があります。
    承認が飛び交っているのですから当然です。

    今日、これから会う人、話す人の名前をどんどん呼んでみましょう!!
    何となく良い雰囲気が創れるかもしれません。








    | ひーちゃん | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://jyokon.jugem.jp/trackback/20